成長期の身長を伸ばす!子供向けサプリを比較するサイト

子供の身長がまわりと比べて低い・・・そんな時の成長サポートサプリをランキングで紹介します。

成長期の身長はどれくらい伸びる?男と女での違いは?

「自分の子どもはきちんと成長しているのか」、「よその子どもと比べて、少し成長が遅いみたい」、などと、子どもの身長の伸びについて悩む親御さんが多いみたいです。
子どもの成長期は、乳幼児と、第二次性徴期と言われています。

第二次性徴期が始まるのは、男子と女子によっても少し違いがあります。
早い子は男子で9歳くらいから、女子で7歳くらいから始まります。
平均すると、男子が11歳6ヶ月くらいから、女子が9歳9ヶ月くらいから第二次性徴期が始まるとされています。

男の子の身長

maleでは、乳幼児期と成長期の子どもの身長は、男女でどのくらい違いがあるのか、それぞれ平均でどのくらい伸びるものなのでしょうか。
男の子の場合では、生後まもなくの身長は50センチほどですが、生後1年のあいだに急激に成長します。
およそ25センチほど身長が伸び、その後の身長の伸びは緩やかになっていきます。
その後、4歳から11歳までの間は、毎年平均5,6センチほど身長が伸びていきますが、年齢が上がるにつれて、伸び方は緩やかになります。
男の子は11歳6ヶ月あたりで思春期、つまり第二次性徴期を迎えますが、ここから2年間の間に8~9センチのペースで身長は急激に伸びていきます。
3年目からは4センチ、4年目は2センチ、5年目は1センチの伸びと徐々に成長が緩やかになり、およそ17歳くらいで身長の伸びがストップします。

女の子の身長

female女の子の場合ですが、生後まもなくの身長は同じく50センチくらいで、その後1年間で25センチほど、急激に身長が伸び、それが過ぎると身長の伸びも緩やかに。
乳幼児期の成長期の身長の伸びは、男の子も女の子もほぼ同じですね。
女の子の場合、第二次性徴期のスタートが早いです。
10歳くらいから、女の子の思春期がスタートしますから、身長の伸びも男の子よりもちょっとだけ早いですね。
女の子の場合、思春期を迎えるまでは、1年間に5~7センチほど身長が伸びますが、年齢が上がるにつれて伸び方は緩やかになります。
思春期を迎える直前は、1年で5センチ程度の伸びとなり、身長が伸びない時期があります。
この後、10歳くらいで思春期を迎えた女の子は、2年間で年間7~8センチほど、急激に身長が伸びていきますよ。
3年目からは4センチ、4年目には2センチ、5年目は1センチと、男の子と同様に、身長の伸びが緩やかになっていきます。
女の子の場合、10歳くらいから身長が急激に伸び、15歳半前後で、身長の伸びが完全にストップします。

このように子どもの成長期は限られているので、この時期に良質な栄養素をたっぷりと摂ることが大切です。
成長期をサポートするサプリには、急激に成長する子どもに必要な栄養がギュッと詰まっているのでおすすめですよ。

公開日:
最終更新日:2016/05/25