成長期の身長を伸ばす!子供向けサプリを比較するサイト

子供の身長がまわりと比べて低い・・・そんな時の成長サポートサプリをランキングで紹介します。

寝る子は育つってホント?成長と睡眠との関係性

「寝る子は育つ」という言い伝えがありますが、これは実際に科学的にも証明されているようなんです。
世界を見渡しても、睡眠時間が短いと言われている日本人ですが、これは大人だけでなく、子どももそうで、特に夜型の幼児が増えていることも問題視されていますね。
子どもの成長と睡眠との関係について詳しくご紹介しましょう。

寝る子は育つのメカニズム

40807159_s睡眠をしっかりとることで、1日の疲れを癒やすことが出来ますが、子どもにとってはそれにプラス、身体の成長にも大きく影響します。
「寝る子は育つ」というのはつまり、「寝る子の身長は良く伸びる」ということで、科学的にも正しいこととされているんです。

乳幼児の頃と、第二次性徴期と言われる思春期に、子どもの身長は大きく伸びます。
この身長の伸びに大きく関係しているのが、成長ホルモンと言われるもの。
身長を伸ばすために、注目されるのが栄養ですが、それと同時に大切なのが成長ホルモンです。
骨の成長を促すためには、カルシウムや各種ビタミンなどの栄養素がたっぷりと必要ですが、この時期の子どもには成長ホルモンの分泌量も身長の伸びに大きく影響してきますよ。

この成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになるのが寝ている時です。
最も多く成長ホルモンが分泌されるのが、眠りについてから2時間までの間なので、要注意です。
この2時間に質の良い眠り、深い眠りにつくことで、成長ホルモンがしっかりと分泌され、身長もグンと伸びるのです。
しかし、朝いつまでもダラダラと寝ていたり、夜遅くまでゲームをしたりなど、夜型の子ども達は、眠りも浅くなり成長ホルモンがしっかりと分泌されなくなるので勿体無いですよね。

成長するための睡眠時間と質は?

小学生、中学生の理想の睡眠時間は9時間程度とされていますが、年々、子どもたちの睡眠時間は短くなっています。
習い事やゲームなどが睡眠時間の短縮の要因となっているようです。

睡眠時間が短いことは、それだけ成長ホルモンの分泌量も少なくなるわけですから、身長も十分に伸びることができなくなります。

もちろん、睡眠時間と同時に大切なのが、睡眠の質です。
いくら寝ていても、質の良い、深い眠りについていないと、成長ホルモンの分泌量は少なくなるので、質も大切。

質の良い眠りのためには、寝る前のゲームやテレビは極力控えることが大切です。
いつまでも脳が興奮してしまい、布団に入ってからもすぐに寝付くことができなくなってしまいますね。

また、夜食も睡眠の質を下げるものです。
未消化の食べ物が胃にあると、深い眠りにつくことができなくなるので、できれば食事は寝る2時間前までに済ませておきましょう。
睡眠の質を上げると同時に栄養バランスも大切ですね。
栄養バランスを手軽にサポート出来る成長期サポートサプリなどを利用して、子どもの成長をしっかりサポートしてあげてくださいね。
サプリメントで身体の栄養バランスを整える事も対策の一つになりますよ。

公開日:
最終更新日:2016/05/25